日々色々

brunobike.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 03日

あなたならどっち?

あ~ぁ・・・・ちょっと発症してきたかも・・・・・
モールトン欲しくなってきた・・・・アレックスモールトン、イギリス車
オースチン・ミニのラバーコーン・サスペンションや、モーリス1100/1300の
ハイドロラスティック・サスペンションの生みの親、その名の通りモールトン博士が
自邸の敷地内に工房を設けて始めたのが由来の自転車です、前置き長いねw
で大まかに分けて今3種類有るわけです。
f0166004_8411536.jpg
 
まずこれは、皆さん憧れるモールトンお城モデルですw
はっきり言って高すぎて買えませんwこのモデルで(すでに完売モデル)
110万円詳しくはリンク先参照してください、てかベンチュラ11台買えるよw


f0166004_845529.jpg

でこちらはパシュレイ社のライセンスモデルこちらは比較的安価です(高いけどw)
こちらは最安で約30万円程から買えます、比較的安価に伝統的なトラスフレームの
モールトンオーナーになれます、数年前まではもっと安いモデルもあったんですけど
ランドローバーAPBって言う19万円くらいで、フレームもトラス色は綺麗なイエローと
スポーティーなブルホーン仕様のモデルも25万円位であったんですけど
前のライセンス製造してた会社の契約が切れておわったっぽいです
あのころの方が現実的で、しかも安くてかっこよかった。


f0166004_8503330.jpg
 
そしてこちらが日本のブリヂストンが共同開発したその名も
ブリヂストンモールトン(そのままw)です、こちらはトラスフレームではなく
アレックスモールトンの初期のフレーム形状を継承しつつ、新しく開発されたモデル
こちらはかなり現実的ですwなんと言っても最安モデルで15万円ほど
フレーム売り(ホイール・泥よけ込み)もありフレームで13万~15万
分割化出来るか出来ないかの値段の差です、色もかなりの種類があって
オーダーできます、写真のモデルは29万円(ショップによっては23万円ほど)
これはパーツ構成見るとかなりお買い得感はあります、DURA-ACEクランク
その他のコンポーネントはシマノ105を使用しこのままで十分戦闘的な仕様で
この価格かなり欲しい、個人的にトラスフレームよりこちらのフレーム形状の方が
好きなので、買うとするならこちらが本命、昨年のサイクルモードで試乗しましたが
かなり良い感じでした。
[PR]

by hotman4905 | 2008-06-03 09:00 | 自転車 | Comments(0)


<< ブレーキ到着      ファンタジー物が好きなので >>